子どもは抱きしめてあげて

子どもは抱きしめてあげて

児童虐待数は、平成29年より昨年は1万件以上増加し、

13万3778件と過去最多と厚生労働省は発表している。

 

これはどういうこと?と信じがたいのだ。

虐待は、

身体的虐待、心理的虐待、性的虐待、ネグレクト(育児放棄)が言われる。

父親からの母親へのDVは心理的虐待に含まれる。

 

この中で一番高い件数を出しているのが、

実は、心理的虐待の7万2197件で圧倒的である。

次に、身体的虐待が3万3223件で、

その次に、ネグレクトが2万6818件で

性的虐待が1540件ある。

 

心理的虐待は、心無い罵声や冷ややかな言葉を延々と浴びせるケースが多い。

また、ネグレクトは7割が0歳児で、育児ができない親が多いとされる。

そして死亡率も高い。

要因は親自身が子どもの頃虐待にあっていたケースは多いと思う。

そして親が子育て中に地域や家族の中で孤立しているケース。

総じていうと、愛情の欠如などと可愛いものではなく、愛のかけらさえないのだ。

 

勿論、育児は簡単ではない。

子どもは0歳児に多くのことを吸収するという。

母乳や人肌ミルクを与える、おしめを交換する、汗を拭いてあげる

ずっと傍にいてあげないとダメなんだ。

0歳や~2歳で一番大事なことは、これらもあるが、

正しい言葉をかけてあげ、同時に抱きしめてあげる。

 

勿論3歳以降も大事だが、特に乳児期はとても大切である。

赤ちゃんには伝わらないと思いますか?

これが実は子どもの一生に関わることなんです。

温かみのある人になるのか、何も感じない人になるのか。

 

1つだけ、赤ちゃんがおもちゃで遊んでいるのを眺めているのはネグレクトでは

ありませんが、必ず声掛けしましょう。

もう1ついうと、DVDなんかを一人で見せないでください。

一緒に見て、感じたことを声がけしてみてくださいね。

お願いします。

 

仕事の評価~女性と働き方改革~

いきなりですが、

そもそも労働基準法に正社員とパートの違いがないのはご存じだろうか。

元々は短時間労働者をパートやアルバイトと便宜上雇用者側が決めただけのことである。そして期間雇用も同様で労働期間制限の有る・無しも会社側が勝手に決めたこと。

健康保険に加入できる週の労働時間に基準を設けているのはまた別の話。

 

ところで今年の4月から「働き方改革関連法」が施行される。

同一労働同一賃金高度プロフェッショナル制度

政治家の話を聞いていると国民が混乱するだけである。

 

政府や霞が関が新制度(改定含む)、法律、条令等一度たりとも国民に面と向かって丁寧に説明してきたこと等全くない。マスコミが簡略して報道するかインターネットで検索して調べるか程度のことしかわからない。

 

とにかく厄介なのは企業や団体でちょっとしたことでブラックと呼ばれ、振り回されてばかりの日々である。

日本は先進国や一部の発展途上国と比較して「有給休暇取得に罪悪感を感じている」従業員が6割を占める低水準であることに間違いないのである。

会社・上司・同僚に迷惑をかけるということもあるが、「仕事の評価」につながると感じているから家族をないがしろにするサラリーマンは減少しているのか?

 

以前から提唱されている「ワークライフバランス」、これもOECD(経済協力機構)36各国で最低水準を日本はいく。

これだけ女性の管理職を増やしましょう。男女共同参画促進といわれても、肝心の育児・家事・介護が男性の役割分担に入らなければ女性の負担は重圧どころではない。

圧迫死だ。

 

企業側も当面は大変だろうが、新法に対する対策やアイデアだし、詳細な細かい人事考課を練りに練って従業員の「仕事の評価」をするつもりだろうが、働き方改革の前準備に自社が社会に向けて正しい仕事をしていること、新法に沿った雇用の充実を図らなければどうしようもないですよ。

 

 

 


ぜひ、一般社団法人ココロ未来学院のサイトもご覧ください

 

大学のネット広報が進化している

今、大学サイトが面白い。

学部、学科、オープンキャンパス等学校に通う関係の情報を、

前面に静的な感じのサイト作りが多かったが、

 

まず大学の在り方に変化が出てきたことが大きな要素になっている。

少子化傾向はわかっている。

学生のやりたいこと、知りたいこと、目指していることが多様化している。

留学生が増えている。

SNSにより情報拡散が良かれ悪かれコンテンツが配信される。

 

つまり従来の広報メディアを根底から見直してきているということです。

それと少子化により社会人学びなおしや、社会人学生が増えているのも確か。

 

近畿大学では広報担当に加えて学生スタッフを含め50人体制でサイトを運営しているそうだ。昨今は学生起業が増加している。若い人材を育て呼び込み創造を膨らませることで大学のイメージアップを図っている。

 

この他の大学でも、

これにはユーザーが多様化していることもあり、見て楽しむサイトから始まり、情報サイトの遊び心も加え、かつ肝心な学術分野の深堀を徹底的に行なっている。

大学生活をより有意義に送るためにファッションをいわゆる教授や学生が着ることでお洒落な過ごし方を提案するなどもしている。

 

それにプラス、SNSを活用することで知名度向上戦略を推進している。

皆さんも色々な企業や大学などのサイトたまには見てください。

子どもの育て方

いきなり言われても、親はいなくても子は育つとしか言いようがない。

といきなり身もふたもない話であるが、

実際に「赤ちゃんを、子どもをどう育てていいかわからない」

親はいるのである。

 

それは自身がネグレクト(育児放棄)にあったり、

潜在的愛着状態を体験していないからである。

難しい話はしないで言うと、

子どもは抱きしめてあげることが一番なのである。

人肌の温もりを親から子に伝えることが、

子ども自身が人間であることを自覚する事につながるのである。

 

逆に怒らない親も増えた。

怒り方がわからないのである。

 

乳児から幼児にかけて、年齢で言えば2歳・3歳以下では(個人差はある)

子どもは母親のお腹の中にいる時の記憶が残っている。

だから子どもは時々「バァーてでてきた」とか「お母さんのお腹でフワフワしてた」

みたいな表現で記憶を話してくれる。

 

ところが3歳位を境に、その記憶は潜在的にしまわれ、

目の前で起きていることに興味を持つ。

 

ひとつ例を挙げてみると、2歳頃怒られた(ほどがありますが)記憶は

恐怖としては残りません。

しかし3歳を過ぎると恐怖として記憶されるのです。

例えば危ないものを持って振り回すこと。

これは2歳頃に絶対させてはだめです。

暴ないものというより、ケガにつながるものです。

適度に怒ってください。手を軽く叩いてもいいです。

体で覚えさせてください。

3歳以降は理屈で怒ってください。

ちゃんと説明してあげてください。

 

<子育て四訓>

乳児は肌を離すな

幼児は肌を話して手を離すな

少年は手を放して目を離すな

青年は目を離して心を離すな

 

 

ヤマハ音楽教室

私はヤマハ音楽教室で長年勤めていました。

営業ですが楽器を売るのも大変です。

そんな毎日ですが、高額ですし簡単に売れるものではありません。

ですが音楽教室に通ている生徒宅やこれから習おうかな、って考えているご家庭も訪問するので、

自然と教室の宿題の質問やこれからのこと、

才能がないと思うからやめさそうと思う、

姉妹で妹が向いていないんじゃないか?とか、

子育てのことも沢山ご相談いただきました。

 

だから子育てで様々な工夫をされているご家庭や、

放任主義のご家庭や、

スイミング、バレエダンス、公文教室、体操教室、英会話スクールなどの

習い事づくめの子どもなんかは疲れ切っていたので可哀そうに思ってました。

 

生徒は幼児や児童が多いのですが、頑張って続けている

中学生、高校生、大学生、社会人も一人一人が目的をもって通ってました。

当然、進学進路があるわけなので、より会話に責任を感じていました。

 

このブログでは「子どもから青少年」の話、「人と人のつながりの大事さ」を経験をもとに書いていきたいと思います。

 

漫画家に戻る

誰にでも子ども時代に憧れた主人公や分野がある。

現在はあこがれの職業に「ユーチューバー」がトップを行くなんて

昭和時代には考えられなかった

二人の若者が始めたユーチューブが瞬く間に世界に広がり、

それをグーグルが買収し不動のものにした。

 

著作権侵害を追いかけっこしつつもイタチごっこは止まらず

とうとう公式にユーチューブ配信を積極化し広告収入を付加価値とし

現在は素人が年齢に関係なく活用できるビジュアルツールになってしまった。

 

著作権と言えば、私は漫画家にも音楽家にもなりたかった。

残念ながら執念がなかったのだった。

勿論才能もない。

 

しかし憧れたな。

それぞれの世界に有名人がいて何人ものシンボルとなっていた。

藤子不二雄先生が氷の世界を描くのに氷の入った水を通して景色を見て

その場面から劇画に起こしていったときなどドキドキした。

 

書いたらキリがないが、

最近、漫画コンテストに応募してくる50歳台の作家が増えているらしい。

いいことだね。

心が色々な経験を積み重ねてきた意味での新しい時代の価値観を表現する作品を

見てみたいものだ。

 

最近はパソコンの進化と共に描画ツールが色々出ているので描画アプローチは

個性に満ち溢れると思う。

私もシニアセカンドステージを歩んでみたい。

 

自発的メンタルヘルスで働き方改革

SNS時代、やる気アップ

SNS時代だからということではない筈だが、

活用するというのは時代のならではのこと。

しかも働く気持ちがポジティブ思考になるのだからいう試みだと思う。

 

「いい働きぶりだったよ」「よく頑張ったな」

社員同士でほめあう職場風土の醸成に企業が働き始めた、とのこと。

 

ポジティブシンキング

数年前から盛んに言われたのが「ポジティブシンキング」。

会議の発言をはじめ、朝の挨拶から、仕事中の声掛け、様々であるが、

話し相手にポジティブな声掛けが自然に飛び交えば、

仕事に前向きになるのはいい風が吹く。

 

「具体的な表現」を心がける

「今日もハツラツした挨拶でやる気が出るね」

「忙しいのにコピー任せて助かりました」

「この色合いのチラシは暖かみがあって落ち着くよね」

 

実は新卒学生の企業人気ランキングで最上位の「資生堂ジャパン」は

今年1月から働き方改革の一環で「グジョブ・アクション」を始めたそうだ。

 

原点は米グーグルから

ITを駆使して社員が互いにほめあう仕組みは米国グーグルのピアボーナス制度が原点といわれている。

日本のそれよりもっと具体的発想行動として同僚の部署でなく他の部署に仕事を助けてもらえると金券などを贈る。

 

「褒める」は人間づきあいの原点

SNSの活用に戻るが、物心ついた頃からスマホを手にしている若者には、

このような活用法はいいと思うが、くれぐれも「具体的に褒める」ことが思いやりであるということを感じてほしい。