日本、競争力6位に後退 世界経済フォーラム19年版 「女性の労働参加」不十分

【ロンドン=佐竹実】世界経済フォーラム(WEF)は9日、2019年版の「世界競争力報告」を発表した。シンガポールが初めて1位となり、昨年首位だった米国は2位に後退した。日本は6位と前年より1つ順位を下げ、香港(3位)に抜かれた。WEFは「人的資源や制度改革などに投資した国は生産性を向上させた」と分析した。

 

141カ国・地域を対象に「革新力」「労働市場」など12項目を100点満点評価した。

日本は82.3点と、前年より0.2ポイント低かった。長寿を背景に「健康」は100点だったが、硬直的な労働市場や、女性の労働参加が不十分である点などに改善の余地が大きいとした。

1位のシンガポールは「金融システム」「マクロ経済の安定性」などが高評価で、84.8点だった。WEFは米中の貿易摩擦に伴う生産移転などを念頭に「シンガポールベトナムなど貿易摩擦の恩恵を受けた国もある」としている。

3位の香港は金融やマクロ経済が評価され、83.1点と前年より4つ順位を上げたが、今後は長引くデモが影響する可能性がある。韓国は13位、中国は28位だった。欧州連合EU)離脱で揺れる英国は1つ順位を下げて9位だった。

WEFニューエコノミー・アンド・ソサエティーセンターのサーディア・ザヒディ氏は「政府や中央銀行が金融政策を利用して経済成長を刺激する能力が衰えている。生産性の向上や所得格差の縮小を実現する競争力強化政策が重要だ」としている。

グローバル社会の変化は、すべての産業やセクターをのみこむように、私たちの目の前で起きており、それはもはや止めることも、スピードを緩めることもできません。今必要とされるのは、この変化を、私たちの社会や生活をより豊かにするために導いていくことなのではないかと、私は思います。

そこに欠かすことができないのは、さまざまな「ひと」が集い、意見を交わし、対話を引き出すことのできるプラットホーム、いわゆる「場づくり」。そのプラットホームを築いていきたい、それが世界経済フォーラムの目的です。

2018年4月、世界経済フォーラムJapanは、

– 国際機関として、また官民両セクターの協力のプラットホームとして、グローバルインパクトを担う世界経済フォーラムの認知度を長期的に日本で根付かせる。

– 官民両セクターの協力が不可欠である事を訴え、同時に、国内外の議論において、フォーラムの戦略的イニシアチブを中心に沿える。

– 地球規模課題の解決の中心に、その存在を位置付ける。

をミッションに、新たなスタートを切りました。

グローバルの枠組みの中で日本の声をより高め、世界が直面する課題解決のためになにができるのか。皆さんと一緒に考え、一緒に行動していきたいと強く願っております。

投稿者: 瑚心すくい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です